Bシリーズ
 Bで始まるカメラは、どちらかいうとベストの判裁判がベビー判といわれていたので、その辺の名前が付いたカメラが多い。 国内ではベビーパール、ベビースズカ、ベビーライラ、ベビークローム、ベビーパイロット、ベビーローレン、ベビーロゼン、Bパーレット、 外国ではバルディ、ビーコン、ベビーボックステンゴール、ベビーローライ等がある。
カメラ名 ベビーパール(Baby-Pearl) 製造国&メーカー 日 本・小西六
製造年月 1934年 シャッター ロックス
T,B,1/25〜1/75
レンズ オプター
50mm F4.5
 六櫻社(小西六)から1934年から1949年間にわたって作られた人気のあるカメラで、ツアイスのベビーイコンタをまねて作られた。 フィルム面の平面性の改良が3回ほど行われ、初期型では裏蓋の内側のフィルム供給側に画面サイズ伸す腰大きめの薄板がカシメ止めされていた。 その後取り外し式の圧板となり、1949年には一般の裏蓋式になった。レンズは自社製のオプターF6.3、ヘキサーF4.5,F3.8等がつけられている。
カメラ名 ベビースズカ(Baby-Suzuka) 製造国&メーカー 日 本・三和商会
製造年月 1952 シャッター スズカ
B,1/25〜1/150
レンズ テリオター
50mm F3.5
 国産の3×4判のカメラとしては最後に発売されたカメラで、形はベビーパールに似ているが、ボディはアルミダイカスト製で全体に少し大きく重量も少し重い。 材質が戦後まもなくで余り良くないのか、綺麗なものが少ない。
カメラ名 ベビーライラ(Baby-Lila) 製造国&メーカー 日 本・富士光学
製造年月 1938年 シャッター ピッコ
T,B,1/25〜1/100
レンズ バイオナー
50mm F6.3
 富士光学の製品で、ベビーイコンタそっくりのカメラである。その他にレンズがテリオナーF3.5、F4.5付きがあった。
カメラ名 Bパーレット(B-Pearlette) 製造国&メーカー 日 本・小西六
製造年月 1936年 シャッター プライマー
B,1/25〜1/100
レンズ 単玉
75mm F16
 パーレットの普及型で、学童を対象としたカメラでオール鉄板製である。 同じ製品でパーレットBがあるがネームプレートの違いだけである。ベストコダックBを意識したかどうかは不明である。
カメラ名 ベビーボックス・テンゴル(Baby-Box-Tenngor) 製造国&メーカー ドイツ・ツアイスイコン
製造年月 1931年 シャッター 簡易
T,I
レンズ フロンター
60mm F9.0
 ボディは鉄板の革張りでファインダーは針金式のボックスカメラである。 写真は1931年製造であるが、1935年製は書面に6角形の化粧判が付いている。この他にノバーのF6.3付き前玉回転でピントを合わせる高級タイプがある。
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー