Mシリーズ
 Mの付くカメラは、国内はミニヨン(Minion)、ミノルタベスト(Minolta-vest)です、 外国ではマキネッテ(Makinette)、メゴール(Megor)、メントルドラフィア(Mantor-Dreivier)、マルテックス(Multex)、ミューレ(Murer)等です。
カメラ名 ミニオン(Minion) 製造国&メーカー 日 本・東京光学
製造年月 1938年 シャッター リヒト
T,B,1/25〜1/100
レンズ トーコー
60mm F3.5
 ミニヨンは東京光学から発売されたカメラで、初期型は1938年に作られ、U型は1939年に製造されたV型はレンズとシャッターが高級になりレンズはシムラーのテッサータイプ、シャッターはセイコシャラピッド付きである。 U型は巻き止め式になっている。U型は戦前と戦後に作られているが戦後は部品の寄せ集めで作られた。V型は戦後である。 ブラックは戦前のみである。
カメラ名 ミノルタ・ベスト(Minolta-Vest) 製造国&メーカー 日 本・千代田光学
製造年月 1934 シャッター マーブル
B,T、1/25〜1/100
レンズ コロナー
75mm F5.6
 ミノルタ独特の剛体蛇腹式のカメラでボディはベークライト製である。 固定焦点付きと前玉回転式があった。
カメラ名 エンサイン・マツタックス 製造国&メーカー イギリ・エンンサイン
製造年月 1959年 シャッター フォーカルプレン
B,1〜1/1000
レンズ マルター
50mm F3.5
 連動距離計、フォーカルプレーンシャッターをさいようしたカメラでフィルムとシャッターは同時に巻き上げられる。 レンズはロスエキスプレス・クセナー・テッサーなどがある。1972年に前期型が、2年後に後期型が作られている。
カメラ名 メゴール 製造国&メーカー ドイツ・ヒューゴメーヤー
製造年月 1930年 シャッター コンパー
B,1〜1/300
レンズ トリオプラン
50mm F3.5
 コレレによく似たカメラでボタン1つで飛び出すカメラですが、ファインダーは素通しで、ピントは前玉回転式です。
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー